新着情報

8月保育所の日常<もりわけ保育所>

残暑お見舞い申し上げます。
所庭フェンス越しに植えた朝顔も元気に育ち、朝から「おはよう」
と言わんばかりに、大輪の花を咲かせてお出迎えしてくれています。
そんな元気をいただきながら、残りの夏も乗り切っていきたいと思
います。

*どろんこあそびをしたよ。

砂場にシャワーホースで水を入れると、そ~っと手を伸ばすきりんぐみさん。慣れてくると、砂をギュッギュッと握ったりどろんこ水をバシャバシャしたり!足に砂をかけて見えなくなると、あれ?
ぼくの足が…と不思議そうにしていました。
砂をどけて足が出てくると「ったー(あった)」とにっこり。
どろんこまみれになりながら楽しみました。

*水あそびをしたよ。

噴水マットから出てくる水を手で触ったり、足踏みをしたりしてパシャパシャと水しぶきが上がることを楽しみました。
最初は水を怖がったり、顔にかかることを嫌がる様子も見られましたが、回数を重ねるごとに段々と慣れ、全身で水を浴びてあそべるようになってきました。
暑さにも負けず、元気いっぱいに過ごしています。 

*すいか割りをしたよ。

夏の風物詩”すいか割り(ごっこ)大会”をしました。
ねらいを定めて 「えーい!!」
楽しんだ後、先生がすいかを半分に切ってみんなにみせると…
「うわ~」「あかい!」「おいしそう!!」と大興奮でした。
もちろん、すいかはおいしくいただきました。